白岩工業株式会社

ホーム採用情報 > SHIRAIWA'S VOICE

採用情報

SHIRAIWA'S VOICE

SHIRAIWA'S VOICE

日々の仕事に加え、よりスキルアップをと資格取得の勉強もしている経理事務の粕谷さん。
職場の雰囲気や福利厚生などについて、女性ならではの視点で語ってくれました。

積算補助、協力会社向け決済補助、社内の経費精算など、いわゆる経理事務が私の仕事。数字を扱う仕事なので、とにかく計算ミスがないよう注意を払います。細かな数字からビックリするような額の大きなものまでいろいろとあるのですが、どれも一度で計算が合うと、やったぁ!と達成感がありますね。
建設業には、一般の経理とは違う特別な計算が必要になることも。実はこれができるようになるには、建設業経理士という資格が必要なんです。入社1年目で3級を取得し、今は2級の勉強中。もちろん将来的には、最高位の1級も取る予定。より踏み込んだ経理事務をしたいというのは当然なのですが、一発合格すれば会社で資格取得のための費用が全額負担してもらえるので、とにかく頑張らなければと思っています。

仕事はデスクワークが中心ですが、私の場合は事業所にいるので、現場の人と接する機会も多くあります。工事の現場で働いている男性陣は、みんな明るくてユニーク。若い人も年配の人もとにかく元気がよくて、仕事ができる男が多いなぁという印象です。「こんな現場をやっている」「今日はこんなことがあった」なんていう話を聞くのも楽しいですし、お土産を買ってきて下さったりと、私たち事務員への気遣いも嬉しいですね。
話しやすくて気さくなのは、経理をはじめ事務の仲間たちも同じ。効率のいいやり方をどんどん教えて頂く他、例えば私が何かミスをしたときでも優しく指導。職場はいつも和やかな雰囲気に包まれています。
私もそうですが、皆さん、仕事をやるときはそれに集中してキッチリと。そして、ブレイクタイムは、楽しく明るくコミュニケーション。メリハリがあるというのでしょうか、これが白岩の社風なのかもしれませんね。

毎日が働きやすい雰囲気というほかに、嬉しいと感じるのは福利厚生の充実。例えば産休やその後の会社復帰。白岩には出産を経験した女性社員が何人もいます。子供が小さいうちは、遅出・早帰りできる制度もあるんですよ。私はまだ独身ですが、この先結婚して子供ができても、白岩でならずっと働いていける。今はどこの会社でもある程度は産休などの制度が確立されているとは思いますが、実際に運用されている事例が多くないと、なかなか利用できませんからね。
女性で定年退職した方もいるので、もしかすると私だって!女性を大切にしてくれて、長く働ける会社。それが、白岩なんですね。

取材日:2011年6月8日